地獄草紙 餓鬼草紙

現代にも似ていますが、平安時代末期もまた社会不安に災害や疫病などが追い打ちをかけ、人々のあいだには1052年に始まるとされた「末法」の思想が広がっていました。天皇や貴族もまたその到来に怯え、仏教に帰依し、救いを求めるようになっていました。

死後に輪廻転生する世界を仏教では「六道」と呼び、天道、人道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道であり、すべての人間は死後の世界を果てしなく巡り続ける運命でした。そのような状況のもとで、天台僧・源信が985年に著したのが手引書『往生要集』です。

その「六道」を描いたものが「六道絵」であり、中でも畜生道、餓鬼道、地獄道の三つがもっとも恐れられ、そこは生前に極悪の罪を犯した者が苦しむところです。よって三悪道と呼ばれていますが、とりわけ地獄に堕ちた者はもっとも痛みの激しい受難が衝撃的に表現されています。当時のマスメディアであった壁画や屏風、掛物、絵巻、経典の見返しなどに幅広く描かれていました。

地獄にまつわる多くの作品は宮中や寺院に保管されてきましたが、現在ではその多くは散逸し、失われてしまっております。幸運にも平安末期に制作された「地獄草紙」と「餓鬼草紙」は現存しており、国宝に指定されています。「六道絵」の真髄を今に伝える貴重な作品です。

こうした「六道絵」制作の背後には、後白河上皇の存在を無視できません。時代の権力者として美術を愛好し、積極的に絵師に絵をかかせ、そのために新設した蓮華王院(現在の三十三間堂)の宝蔵に多くの絵巻物を収蔵していたという有力な説があります。こうした時代背景も解説(日英二か国語)では詳細に述べられています。

地獄草紙

  • 地獄とは?

    死後に堕ちる世界に「六道」があり、その中のひとつが地獄道です。現世で犯した罪が重ければ重いほど、より深い闇の中に堕ちてゆく、そこが地獄です。

    地獄道には八つの大地獄があり、それぞれに十六の小地獄を有し、全部で小地獄は一二八か所となります。そこに堕ちた罪人は火あぶりから、骨肉が吸い食われたりなどのありとあらゆる残忍で苛酷な拷問を受け、そうした様相が恐ろしいほどのリアリズムで描かれているのが国宝「地獄草紙」です。

  • 地獄の責め苦を描いた一大傑作

    天台僧・源信が極楽浄土に行くための手引書「往生要集」で恐怖心を煽るように説いた地獄の世界では、当時の人々が現実の生活で見て感じた社会不安と苦悩がありのままに投影されています。

    国宝「地獄草紙」は、想像を絶するような地獄での罪人の苦しむ様相をもっとも冷酷で現実味のある作風で描いており、今日のアニメや劇画の原点にもなったと言われています。現代人の感覚にも通じる迫真的な描写は他に類のない作品として珍重されています。

  • 地獄を避けて通れない現代人

    「地獄」という名称から、国宝絵巻にもかかわらず、これまでは民間・学界でも忌避されてきた嫌いはありますが、この「知る人ぞ知る」地獄を描いた約八百年前の絵巻はさまざまなかたちで現在人に衝撃を与えてきました。

    従来の因習にとらわれることなく、末法思想に影響された平安時代の社会不安の実態を現代人の目で正視すれば、地獄を通して生命の尊さを知る契機にもなることを作品は示唆しています。

掲載内容

特徴

現在「地獄草紙」と呼ぶ絵巻は下記の二巻の巻子と断簡から成り立っておりますが、今回はそれをつなぎ、一巻としています。

(1) 岡山・安住院旧蔵(東京国立博物館蔵)

(2) 東京・大聖院 → 神奈川・原家旧蔵(奈良国立博物館蔵)

  • 旧安住院本(東京国立博物館蔵) [第一段] 髪火流、[第二段] 火末虫、[第三段] 雲火霧、[第四段] 雨炎火石

  • 旧原家本(奈良国立博物館蔵) [第一段] 尿糞所、[第二段] 函量所、[第三段] 鉄鎧所、[第四段] 鶏地獄、[第五段] 黒雲沙、[第六段] 膿血所、[第七段] 孤狼地獄

餓鬼草紙

  • 餓鬼とは?

    餓鬼道は、生前に飲食にかかわる罪業を犯した者が堕ちるとされており、飢えと渇きに苦しむさまざまな「餓鬼」たちの苦しみに喘ぐ様態が描かれています。伝来の過程で失われた詞書・絵も多く、今回は現存する国宝「餓鬼草紙」の17図を採り上げています。

    食糞餓鬼と称して人々の排泄物を喰いあさる餓鬼や、墓場で屍を貪る餓鬼、喉が渇いても水も飲めない餓鬼など、達者な筆さばきにより人間が想像し得る残虐性が描写されています。

    また現代のウイルスのように、人間の目に見えない餓鬼も巧みな表現法で描かれており、まさに国宝の名にふさわしい各場面に迫力に満ちた個性的な画面を構成しています。

  • 現存する十二世紀絵画の特異なテーマ性

    国宝「餓鬼草紙」に描かれた宇宙人を連想させるような特異な餓鬼の姿態は、そのまま平安時代の不安、無常観を際立たせています。

    髪が疎らで、逆立ち、風船のように異常に膨らんだ腹、骨だけのような細い手足の餓鬼、まさにその醜さの中にこそ美術のテーマ性が秘められ、それを再発見する楽しみもあります。

    得体の知れない不気味な餓鬼に比べれば、拷問役の赤鬼や青鬼の方にむしろ人間味が窺えます。姿を変えた餓鬼が貴族や庶民の生活に入り込み、それを気付かない人々の情景には鋭い風刺が込められており、逆に滑稽味すら感じます。現代にも通じる諧謔と嗜好が見られる作品でもあります。

掲載内容

特徴

「餓鬼草紙」の名で知られるものは下記の二巻がありますが、今回は一巻にまとめました。

餓鬼道は、飲食に関わる罪業を犯した者が堕ちるとされ、飢えと渇きに苦しむ餓鬼たちの姿がリアルに描かれており、21世紀の地球上での飢餓問題をも髣髴させます。

(1)岡山・河本家旧蔵(東京国立博物館蔵)

(2)岡山・曹源寺旧蔵(京都国立博物館蔵)

  • 旧河本家本(東京国立博物館蔵 [第一段] 欲色餓鬼、[第二段] 伺嬰児便餓鬼、[第三段]伺便餓鬼、[第四段]疾行餓鬼、[第五段]食糞餓、[第六段]曠野餓鬼、[第七段]殺身餓鬼、[第八段]住塚間食熱灰土餓鬼、[第九段]食吐餓鬼、[第十段]食水餓鬼

  • 旧曹源寺本(京都国立博物館蔵) [第一段] 食水餓鬼、[第二段] 食水餓鬼、[第三段] 目連救母、[第四段] 目連救母、[第五段] 食水餓、[第六段] 焰口餓鬼の救済、[第七段] 施餓鬼

解説者略歴

上野 友愛(うえのともえ)

サントリー美術館主任学芸員。1982年埼玉県生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科美術史学専攻博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て現職。専門は日本中世絵画史。「お伽草子―この国は物語にあふれている」展(2012年)、「徒然草―美術で楽しむ古典文学」展(2014年)、「絵巻マニア列伝」展(2017年)、「扇の国、日本」展(2018年)などを企画担当。

仕様・定価

  • 2巻セット

    地獄草紙 餓鬼草紙

    寸法

    地獄草紙:27.6×707.0 cm

    餓鬼草紙:28.6×920.0 cm

    用紙

    中性紙(バガス)

    特製表装

    桐箱(印籠仕立て)入り

    定価

    250,000 円 (税別)

    企画制作

    トッパン・フォームズ株式会社

    発行販売

    株式会社イーアート

    監修

    小林 忠

    解説

    上野 友愛

    発行日

    令和3年1 月